会社概要 | お問合せ | サイトマップ
会員ページ | ログアウト

創業130年を機にヨーグルトの味とパッケージを一新したチチヤスの特許出願

2015年3月9日


ヨーグルト製造のチチヤスが、創業130年を機に主力商品の4個入り「チチヤスヨーグルト」の味とパッケージを一新したそうです。

チチヤスが3ヨーグルト一新|47NEWS(2015.3.8)
http://www.47news.jp/topics/newproduct/2015/03/post_9003.php

リニューアルされた3種類のうち「クラシック」タイプは、1917年(大正6年)に同社が日本で初めて開発したヨーグルトが基本になっているそうです。
今日的なヨーグルトとどのように味わいが異なるのか、食べてみたいですね。

さて、このように歴史ある老舗のチチヤスですが、ヨーグルトに関して最近ではどのような研究開発を行っているのでしょうか。
最近公開された、同社のヨーグルト関連の特許出願をいくつかご紹介しましょう。

特開2014-143986号公報
「乳酸菌含有飲食品及びその製造方法」
http://www.ipc-watch.com/P7AeO [PDF]
出願人:株式会社伊藤園、チチヤス株式会社
IPC:A23C
⇒ホエー浮を抑制し、製造後長時間良好な食感を維持する。

特開2014-143987号公報
「乳酸菌含有飲食品のまろやかさ向上方法」
http://www.ipc-watch.com/P7AeP [PDF]
出願人:株式会社伊藤園、チチヤス株式会社
IPC:A23C
⇒酸味を抑制し、製造後長時間まろやかさや滑らかさ感などの良好な食感を維持する。

特開2015-8635号公報
「タンパク質高含有乳飲料及びその製造方法」
http://www.ipc-watch.com/P7AeN [PDF]
出願人:株式会社伊藤園、チチヤス株式会社
IPC:A23C A23L
⇒タンパク臭などの風味上の問題が発生せず、ミルク感のある良好な風味とする。特許権成立(特許第5611421号 [PDF])。

チチヤスは2011年に伊藤園の完全子会社となっていますが、以降、研究開発は原則として親子共同で進める形となっているのでしょうか?
少なくとも特許出願については、共願を原則としているようですね。
両社の共同体制で今後、チチヤスのヨーグルトがどのように進化していくのか楽しみです。

チチヤスの国内外での特許出願/特許取得状況について、あるいはヨーグルトに関する各社の特許出願/特許取得状況について、より詳細にお知りになりたい方は、IPC Watch運営会社のコンサルティング部門にて調査・分析など承りますので、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

飲むヨーグルト含めたヨーグルト関連の技術は、他の乳製品全般と同様、国際特許分類(IPC)=「A23C」に分類されます。
本分野の新規特許出願公開を、IPC Watchを利用して一早く、早期検知したい方は、
1)下記のリンクをクリックしてください。IPC=A23Cが選択された状態のトップページに移動します。
http://www.ipc-watch.com?code=A23C
2)「無料会員登録へ」ボタンをクリックし、メールアドレスを入力してください。
以上で、IPC Watch無料会員登録が完了です。

無料会員登録して頂くと、各社の特許出願が特許庁から新たに公開される度に、データベースの更新をメールでお知らせします。
同メール内のリンクをクリックして頂くと、その日新たに公開され、IPC=A23Cが付与された、公開特許公報の一覧ページにアクセスできます。

プッシュ型のIPC Watchなら、検索の手間が不要です。
クリック操作だけで、公開公報PDFファイルにアクセス可能です。

(佐藤)

Twitter

最近のお知らせ

人気の投稿

最近の投稿

アーカイブス

ご利用ガイド
ご利用ガイド
有料版のご案内
有料版のご案内
よくあるご質問
よくあるご質問
IPCについて
IPCについて