会社概要 | お問合せ | サイトマップ
会員ページ | ログアウト

味の素が完全子会社化すると発表したAGFの特許出願

2015年3月2日


味の素が米モンデリーズ・インターナショナルとの合弁会社である味の素ゼネラルフーヅ(AGF)を完全子会社化すると発表しました。

味の素、AGFを完全子会社に 即席コーヒーで技術連携|日本経済新聞(2015.2.28)
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO83787750X20C15A2TI0000/
<引用ここから>
「・・・AGFは、味の素と米食品大手のゼネラルフーヅ(現モンデリーズ)が折半出資で1973年に設立・・・4月中にモンデリーズが保有するAGFの50%の株式を270億円で取得・・・社名や経営体制、『ブレンディ』『マキシム』といったブランド名などは変えない・・・これまでは契約上、味の素の技術をAGFの商品に盛り込むことができなかった・・・契約でAGFの事業展開は国内に限られていた・・・」
<引用ここまで>

なるほど、合弁会社であるがゆえに、いろいろと契約上の縛りがあったのですね・・・事業自由度を確保してネスレ日本を追撃、といったところでしょうか。

ところで、上記記事によると味の素の技術をAGFへということですが、AGF自体は、どのような技術を持っているのでしょうか。
最近公開された、AGFの特許出願をいくつかご紹介しましょう。

特開2014-30396号公報
「インスタントコーヒー飲料用組成物及びその製造方法」
http://www.ipc-watch.com/P7AeB [PDF]
出願人:味の素ゼネラルフーヅ株式会社
IPC:A23F
⇒インスタントコーヒーの香ばしい香りを強化する。

特開2014-117246号公報
「インスタント嗜好性飲料用組成物及びその製造方法」
http://www.ipc-watch.com/P7AeD [PDF]
出願人:味の素ゼネラルフーヅ株式会社
IPC:A23F A23L
⇒インスタントフレーバーティーの果汁感と果物の香りを向上させる。特許権成立(特許第5647217号)。

特開2015-27311号公報
「インスタント嗜好性飲料用組成物及びその製造方法」
http://www.ipc-watch.com/P7AeC [PDF]
出願人:味の素ゼネラルフーヅ株式会社
IPC:A23F A23L
⇒インスタントフレーバーティーの果汁感と果物の香りを向上させる。

インスタントに特化して、コーヒーだけでなく紅茶も、そして香りの向上に注力している、というところのようですね。

AGFの国内外での特許出願/特許取得状況について、あるいはコーヒー/紅茶に関する各社の特許出願/特許取得状況について、より詳細にお知りになりたい方は、IPC Watch運営会社のコンサルティング部門にて調査・分析など承りますので、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

コーヒー/紅茶に関する技術は、国際特許分類(IPC)=「A23F」に分類されます。
本分野の新規特許出願公開を、IPC Watchを利用して一早く、早期検知したい方は、
1)下記のリンクをクリックしてください。IPC=A23Fが選択された状態のトップページに移動します。
http://www.ipc-watch.com?code=A23F

2)「無料会員登録へ」ボタンをクリックし、メールアドレスを入力してください。
以上で、IPC Watch無料会員登録が完了です。

無料会員登録して頂くと、各社の特許出願が特許庁から新たに公開される度に、データベースの更新をメールでお知らせします。
同メール内のリンクをクリックして頂くと、その日新たに公開され、IPC=A23Fが付与された、公開特許公報の一覧ページにアクセスできます。

プッシュ型のIPC Watchなら、検索の手間が不要です。
クリック操作だけで、公開公報PDFファイルにアクセス可能です。

(佐藤)

Twitter

最近のお知らせ

人気の投稿

最近の投稿

アーカイブス

ご利用ガイド
ご利用ガイド
有料版のご案内
有料版のご案内
よくあるご質問
よくあるご質問
IPCについて
IPCについて