会社概要 | お問合せ | サイトマップ
会員ページ | ログアウト

JR東日本、車内販売を縮小

2015年1月19日


JR東日本が新幹線や特急列車での車内販売を縮小するそうです。

JR東日本、新幹線と在来線特急の車内販売を縮小へ|レスポンス(2015.1.16)
http://response.jp/article/2015/01/16/241782.html

JR東日本、一部列車で車内販売終了 - 常磐線特急「ときわ」も車内販売なし|マイナビニュース(2015.1.16)
http://news.mynavi.jp/news/2015/01/16/341/

特急「ときわ」車内販売せず JR東|茨城新聞(2015.1.17)
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14214170234482

新幹線や特急の一部で車内販売を終了 JR東日本|朝日新聞デジタル(2015.1.17)
http://www.asahi.com/articles/ASH1J658HH1JUTIL03N.html

JR東、近距離特急の車内販売終了 売り上げ減で|日本経済新聞(2015.1.17)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG17H08_X10C15A1000000/

JR東日本 車内販売 一部列車で終了へ|NHKニュース(2015.1.18)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150118/k10014765261000.html

そういえば確かにいつからか利用しなくなりましたねぇ、車内販売。
ホームにはコンビニもあるし、駅弁なら駅の売店の方が種類が豊富、コーヒーならスタバ等で買って持ち込む・・・。
車内販売だと自席にいつ来るか分からない、欲しい時(空腹の時)にすぐ買えない、というのが個人的には一番の弱点だったように思います。

そうなると、車内販売に関する各社の技術開発も今後は縮小されてしまうのでしょうか・・・。
ニーズがある以上、開発される方もいるわけで、これまでには関連する特許出願もされてきました。
ではここで、最近公開された、車内販売に関する特許出願をいくつかご紹介しましょう。

特開2011-191969号公報
「列車内販売システム、商品発注指示装置、商品発注指示方法及び商品発注指示プログラム。」
http://www.ipc-watch.com/P7Ad8 [PDF]
出願人:株式会社日立情報制御ソリューションズ
IPC:G06Q
⇒停車しない駅でしか販売していない特産品等を乗車中に注文し、降車駅で受け取れるようにする。特許権成立(特許第5210341号)。

特開2012-53659号公報
「車内販売サービスシステム」
http://www.ipc-watch.com/P7Ad9 [PDF]
出願人:日本信号株式会社
IPC:G07F G06Q
⇒車内を自律的に移動し、商品の受注、搬送および決済を人間に代わって行う運搬ロボット。

やはり、乗客の「今、欲しい!」というニーズに応えようとする開発の方向性のようですね。
仮に車内販売で実現できなくても、どこかで活かせる技術だと思われますので、引き続き頑張って頂きたいですね。

ガラス基板製造に関する各社の特許出願/特許取得状況について、より詳細にお知りになりたい方は、IPC Watch運営会社のコンサルティング部門にて調査・分析など承りますので、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

ガラス基板製造に関する国際特許分類(IPC)は「G06Q」です。
本分野の新規特許出願公開を、IPC Watchを利用して一早く、早期検知したい方は、
1)下記のリンクをクリックしてください。IPC=G06Qが選択された状態のトップページに移動します。
http://www.ipc-watch.com?code=G06Q
2)「無料会員登録へ」ボタンをクリックし、メールアドレスを入力してください。
以上で、IPC Watch無料会員登録が完了です。

無料会員登録して頂くと、各社の特許出願が特許庁から新たに公開される度に、データベースの更新をメールでお知らせします。
同メール内のリンクをクリックして頂くと、その日新たに公開され、IPC=G06Qが付与された、公開特許公報の一覧ページにアクセスできます。

プッシュ型のIPC Watchなら、検索の手間が不要です。
クリック操作だけで、公開公報PDFファイルにアクセス可能です。

(佐藤)

Twitter

最近のお知らせ

人気の投稿

最近の投稿

アーカイブス

ご利用ガイド
ご利用ガイド
有料版のご案内
有料版のご案内
よくあるご質問
よくあるご質問
IPCについて
IPCについて