会社概要 | お問合せ | サイトマップ
会員ページ | ログアウト

名村造船が佐世保重工を子会社化

2014年5月27日


名村造船所が、同業の佐世保重工業を株式交換で完全子会社化すると発表しました。顧客から要求される省燃費性能や市場環境の急激な変化に対応するためとのことです。

名村造船、佐世保重工と統合 国内3位へ 社長「生き残りに規模必要」|日本経済新聞(2014.5.23)
http://www.nikkei.com/markets/kigyo/ma.aspx?g=DGXNASFL230PP_23052014000000

名村造船、佐世保重工を子会社化 中韓勢に対抗|日本経済新聞(2014.5.23)
http://www.nikkei.com/markets/kigyo/ma.aspx?g=DGXNASDZ230EQ_23052014TJ1000

名村造船所が佐世保重工業を子会社化へ|NHKニュース(2014.5.23)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140523/k10014682131000.html

名村造船、規模拡大で開発力強化 佐世保重工を子会社化|SankeiBiz(2014.5.24)
http://www.sankeibiz.jp/business/news/140524/bsc1405240500005-n1.htm

名村造船所、SSKを子会社化 国際競争に対応 国内3位に|西日本新聞(2014.5.23)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/saga/article/90282

今回、名村造船所が子会社化した佐世保重工業は、どのような技術を持った会社なのでしょうか。
早速、最近公開された、佐世保重工業の特許出願をいくつかご紹介しましょう。

特開2012-132537号公報
「液体貨物用コンテナ及び液体貨物の輸送方法」
http://www.ipc-watch.com/P7Aa1
出願人:佐世保重工業株式会社
IPC:F17C B63B F17C
⇒複数の筒状部を連通させてタンク容積を拡大させ、またタンク内温度を比較的高めに設定することにより、タンク製造コストおよび液化ガス輸送コストを低減させる。

特開2013-238285号公報
「液体貯蔵タンク」
http://www.ipc-watch.com/P7Aa2
出願人:佐世保重工業株式会社、古林義弘
IPC:F17C B65D
⇒液化ガス貯蔵用タンク本体内の屋根と液面の間に断熱部材を設置し、保冷機能を低下させることなく、液体の供給又は排出用等のパイプを設け、スロッシング時における液体の屋根内面側への接触を防止する。

なるほど、佐世保重工業は液化ガス用の貯蔵タンクに強みを持っている会社のようですね。
名村造船所は、これら佐世保重工業の技術を今後どのように生かしていくのでしょうか。

名村造船所および佐世保重工業の特許出願の状況や、液化ガス貯蔵用タンクに関する各社の特許出願/特許取得状況について、より詳細にお知りになりたい方は、IPC Watch運営会社のコンサルティング部門にて調査・分析など承りますので、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

液化ガス貯蔵用タンクに関する国際特許分類(IPC)は「F17C」です。
本分野の新規特許出願公開を、IPC Watchを利用して一早く、早期検知したい方は、
1)下記のリンクをクリックしてください。IPC=F17Cが選択された状態のトップページに移動します。
http://www.ipc-watch.com?code=F17C
2)「無料会員登録へ」ボタンをクリックし、メールアドレスを入力してください。
以上で、IPC Watch無料会員登録が完了です。

無料会員登録して頂くと、特許庁から新たに特許出願が公開される度に、データベースの更新をメールでお知らせします。
同メール内のリンクをクリックして頂くと、その日新たに公開され、IPC=F17Cが付与された、公開特許公報の一覧ページにアクセスできます。

プッシュ型のIPC Watchなら、検索の手間が不要です。
クリック操作だけで、公開公報PDFファイルにアクセス可能です。

(佐藤)

Twitter

最近のお知らせ

人気の投稿

最近の投稿

アーカイブス

ご利用ガイド
ご利用ガイド
有料版のご案内
有料版のご案内
よくあるご質問
よくあるご質問
IPCについて
IPCについて