会社概要 | お問合せ | サイトマップ
会員ページ | ログアウト

IPCサブクラスの調べ方

2013年12月10日


昨日は、研究開発職の技術者の皆さんには、担当されている或いは注目されている技術分野を示す“IPCサブクラス”を把握しておいて頂くと便利ですよ、という御話をさせて頂きました。

では、実際に、IPCサブクラスを把握するにはどうしたらよいでしょうか。

一番簡単な方法は、お手元にある公開特許公報や特許公報をご覧いただくことです。


フロントページの「項目番号(51)」に「Int. Cl.」と書かれています。
これがその特許が属する技術分野を表すものとして付与されたIPCです。
上記の図の例で言えば、IPCサブクラスは「G06F」「H04N」となります。

出願された発明の属する技術分野が複数のIPCに亘る場合、各公報には複数のIPCが列挙されます。
その場合、上から順に、最も良く適合するIPC順に並べられています。
ご自身が担当されている技術分野も、複数のIPCに合致する可能性がありますので、複数の公報をあたるなど、1つだけと決めつけないようにしましょう。

お手元に関連公報がない場合には、特許電子図書館(IPDL)のパテントマップガイダンスを使って調べることもできますが、検索方法がやや専門的なため、一般の技術者の方にはあまりお勧めできません。

そのような現状を踏まえ、IPC Watchでは、トップページに、フリーキーワードでIPCサブクラスを検索できる独自開発エンジンを実装しております。
「カーナビ」でも「スマホ」でも、皆さんが普段お使いの用語で検索ができます。
IPCサブクラスの検索にぜひ、ご活用ください。

(佐藤)

Twitter

最近のお知らせ

人気の投稿

最近の投稿

アーカイブス

ご利用ガイド
ご利用ガイド
有料版のご案内
有料版のご案内
よくあるご質問
よくあるご質問
IPCについて
IPCについて